こんふるNews

人知れず佇むギャラリーにて
以前このサイトで紹介した「rizm」さんの向いの森の中にひっそりと佇む「ギャラリーぶんあん」。私たち取材スタッフもたまたま見つけたこちらのギャラリーでは、現在店主の前中和子さんの書き文字の企画展が開かれています。ぜひ覗いてみてください。
《会期》〜11月末まで
《場所》ギャラリーぶんあん (rizmの近く)→こちら

陶器まつり、歴代ポスター集合!
今年で36回を迎える「丹波焼 陶器まつり」。七人の若き陶工たちの手によって始まったこのイベントは、今では篠山の、今田の秋の一大イベントとなっています。その歴代のポスターを一同に目にすることが出来ます。
《会期》〜10月15日まで
《場所》立杭 陶の郷内 伝習会館1階「アートギャラリー丹波」 →こちら

あなたの陶芸観が広がる展覧会
800年の歴史を持つ丹波焼の里 今田町にある、陶芸専門の美術館「兵庫陶芸美術館」。今田の豊かな山々に囲まれたこの美術館で、9月7日から特別展「陶芸の魅力×アートのドキドキ」が開催されています。「これは陶器なの?」「焼き物ってなんだろう?」そんな陶芸とアートの狭間のゆらぎを楽しめる内容となっています。陶芸に馴染みの無かった方に是非観ていただきたい展覧会です。
《会期》9月7日〜11月24日
《開館時間》(〜10月31日まで)10時-19時 (11月1日〜)10時-18時
特別展の内容は →こちら

年に一度の幻想的な法要 in播州清水寺
ロウソクが約500本揺らめく、年に一度の夜の法要「二十六夜待法要」が行われます。
この日は特別に17時以降の入山料も無料。真夏の夜の寺を楽しんでいただけます。
→ 法要の様子はこちら
《日時》8月26日(月曜)17時〜 《会場》播州清水寺 →こちら

陶の郷にて「ごはんの器展」開催中です。
10月15日まで、「立杭陶の郷」内の窯元横丁にて「ごはんの器展」が開催されています。
ご飯茶碗や丼鉢、夏にぴったりのカレー皿、ご飯が美味しく炊ける土鍋など、窯元おすすめの品が販売されています。
《会期》10月15日まで 《会場》立杭陶の郷内 窯元横町 →こちら

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Pin on Pinterest0Share on Tumblr0Share on LinkedIn0