静と動を感じる空間

篠山方面から窯元の立ち並ぶ通りの入り口にほど近い場所に大雅窯さんはあります。控えめですが、期待感が沸々とわいてくる看板です。


大雅窯
 
 今回ご紹介するのは「大雅窯」さん。窯主は国内外で活躍されている市野雅彦さんです。ギャラリーには白塗りの壁に整然と器が並んでいます。伝統的な丹波焼を受け継いだ渋い器から、カラフルで鮮やかな色をした「TAIGA」シリーズまでジャンルに富んでいます。また、大雅窯で勉強、独立したスタッフそれぞれが制作したオリジナルの陶器も並んでいます。ギャラリー奥は雅彦さんの展示スペース。静寂な空間にダイナミックで造形的な作品を見ることができるので、幅広く色々なものを楽しんで頂けるギャラリーとなっております。
 今回は、大雅窯で人気のある鮮やかな日用雑器「TAIGA」シリーズをご紹介します。赤い土肌に青色や黄色等、カラフルな色あいをしたポップな陶器があるのですが、どれも実用的な食器等がメインとなっており、ご家庭の食卓を鮮やかに演出してくれる一品となっております。「TAIGA」シリーズに限らず、原土から作る土の種類によって様々な表情を持った作品ができるそうです。お話をお伺いした市野雅彦さんとその奥様は共にとても明るく、仲のいいお2人でした。
 是非、お2人のいる賑やかなギャラリーで様々な陶器、特にカラフルな「TAIGA」シリーズを手にとって頂き、楽しい時間を過ごしてみて下さい。


住所:篠山市今田町下小野原837 →google mapでみる
電話:079-597-3339
営業時間:9:00~18:00
駐車場:5台

通りから少し坂を上ったところにギャラリースペースが。建物の佇まい、木々の彩り、調和のとれた空間がそこにはありました。

ギャラリースペースに入ると、まずは「TAIGA」シリーズがお出迎え。

庭の木々を通って窓から入る陽の光はとても優しい雰囲気。器たちがのびのびしているよう感じました。

窯主の市野雅彦さん。

文章中でも紹介したスタッフの方々の作品展示スペース。十人十色、個性の光る作品が並んでいます。

工房で作業中のスタッフの方をパシャリ。

ギャラリースペースの裏手からは雅彦さんの作業場が。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Pin on Pinterest1Share on Tumblr0Share on LinkedIn0
2013-11-21 | Posted in 買えるとこNo Comments »