自然の『恵み』を体感できる憩いの空間

丹波焼の窯元が監修した特製の薪窯。一瞬で熱を加え、素材の旨味をギュッと閉じ込めます。


薪窯ピザ『DONO(ドーノ)』

 丹波焼の里として800年以上の歴史を持つ篠山市今田町。窯元が軒を連ね、今もなお昔ながらの登窯の姿を目にすることができます。そんな焼きものの里で『薪窯』を使ってピザを焼くDONOさんがオープンしたのは今から約12年前。オーナーの小川さんは、元々商社マンとして世界中を飛び回っておられたそうです。ところが、東奔西走する毎日に体が悲鳴をあげ、田舎でゆっくりと自分たちのペースで仕事がしたいと思うようになり、緑に囲まれた今田町でお店を開くことになりました。
 DONOさんのピザは、知り合いの窯元さんの協力のもとご主人が手作りされた『薪窯』で焼かれます。窯の温度は400℃~450℃まで上がる為、ピザは約1分で焼き上がり、そのため表面がカリッと焼け、中身はモチッとした絶妙な食感に仕上がるのが特徴です。ピザは『生地が命』と言い切るご主人。生地だけでも一口頬張った瞬間に『美味しい!』とお客様に思っていただけるようにと試行錯誤の末に、現在の小麦粉のブレンドに辿り着いたとのこと。ピザ生地一玉一玉に命を吹き込み、お客様のご注文を戴いてから一枚ずつピザ生地を手でのばし、目の前のお客様に薪窯で焼いた熱々のピザをお届けできるのが何よりの喜びだと語ってくれました。
 ピザは三田日向牧場のとびきりフレッシュなモッツァレラチーズを使ったマルゲリータを始め、レギュラーピザが12種類、そしてデザート系のピザが3種類、他にも季節の食材を使った『今月のピザ』があるそうです。中でも秋に登場する『松茸のピザ』はTVでも紹介されたことがある程の大人気ピザだそうです。ピザの他にも週替わりのパスタが2種類あり、ピザとパスタを取り分けて召し上がる方が多いそうです。
 店名でもあるDONOはイタリア語で『恵み』の意味。薪は山からの贈り物、食材は大地からの贈り物。手入れが行き届いた綺麗なお庭や山々に囲まれた美しい風景を眺めながら、『自然の恵み』を体感し、とっておきの休息をお客様にとって貰いたい、そんな小川さん御夫妻の想いがこの店名には込められています。その思いが実り、お客様の年齢層は実に様々で、現在では老若男女問わず人気のお店になっています。今田に立ち寄られた際は是非、DONOさんで『自然の恵み』を体感し、憩いの空間でゆっくりくつろいでみてください。


住所:篠山市今田町釜屋629 →google mapでみる
電話:079-597-3714
営業時間:平日/11:00~15:00 (L.O.14:30) 土日祝/11:00~20:00(L.O.19:30)
定休日:月曜(祝日の場合は翌平日)
駐車場:約15台分
ウェブサイト: http://www.eonet.ne.jp/~dono-pizza/

アットホームな雰囲気のお店。手入れの行き届いた庭を愉しむことができます。

「美味しそう」思わず口をつく、そんな色彩です。

1枚で十分お腹いっぱいに。ドリンクとサラダが付いたセットメニューもあります。

変わり種のデザートピザ。小腹の空いた喫茶タイムにも訪れたい。

肩肘張らず、ゆっくりまったりできる店内です。

山に囲まれた今田町ならではのロケーション。季節によって変わる表情を楽しみに、足繁く通いたくなります。


Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Pin on Pinterest0Share on Tumblr0Share on LinkedIn0
2016-04-14 | Posted in 買えるとこNo Comments »