探究し続ける炎丹久窯

規則正しい穴から漏れる光はさぞかし美しいととでしょう。


炎丹久窯

 炎丹久窯の2代目に当たる清水豊和さんは、今から約25年前、技術職のサラリーマンから一転し、陶芸の道に進まれた異色の経歴をお持ちです。親戚にあたる同じ丹波焼の窯元「千代市陶房」で食器類の作り方を勉強することから、そのキャリアをスタートされました。「父の時代は壺や花瓶など民芸品を中心に据えて作陶していましたが、私が陶芸を始めた頃は実用的な食器類が求められるようになっていたんです。」と時代の流れを冷静に分析した豊和さんは、食器類について勉強されたいきさつを話して下さいました。
 サラリーマン時代に技術畑にいたこともあり、研究や比較・検証をすることが好きだったそうで、全国各地の様々な産地の土で器を作ってみては強度や風合いの違いを探ってみたり、釉薬を作る際にも様々な天然素材の灰を試して出せる色合いを確認したりと、持ち前の好奇心と研究熱心さを存分に発揮されています。
 「私は丹波焼の伝統技法はあまり使いませんが、この地で育まれた土を使ってこそ丹波焼の意味があると思っています。幸いにしてこの里は豊かな自然がまだたくさん残っています。この自然があってこそ土も育ち、私達はその土を使うことが出来る、日々豊かな自然に感謝しています。そしてなにより、私はこの丹波の土で作った『ありのままの焼き物の表情』、つまり焼いた時に出る土味や何とも言えない色合いが大好きなんです。」と丹波焼に対する想いも聞かせて頂きました。
 そんな豊和さんの作品はシンプルな食器類が中心です。工房には、正に「シンプルイズベスト」が貫かれた商品がずらり。派手な装飾や色合いのものは苦手で、あくまでも土あじを活かした風合いを大切にして作品を作られているそうです。しかし、それだけでは旺盛な好奇心は収まるはずもなく、重そうに見えて実は軽い器や器の側面に大きな窪みがある花瓶など見た目の期待を裏切るような作品、豊和さんの言葉を借りると「やらかした」(=遊び心の効いた)作品もチラホラお見受けしました。
 豊和さんは作陶同様、お話もとてもお上手で、その穏やかな口調から繰り出される分かりやすく興味深い色々な話に何度も引き込まれました。
 そんな豊和さんとの会話を楽しみに、また「焼き物のありのままの魅力」を探しに、是非炎丹久窯さんに足をお運びください。


住所:篠山市今田町下立杭9-4 →google mapでみる
電話:079-597-2315
営業時間:9時~17時(冬季)9時~18時(夏季)
定休日:年中無休 ※年末年始・お盆(要連絡)

とても美しい所作で轆轤を挽く清水豊和さん。

轆轤で成形した後、最後に糸切りで土塊と分離します。一連の流れるような動作に見入ってしまします。

整然とした工房が表すように、一つ一つの動きがとても丁寧に感じられます。

豊和さん曰く「やらかした」という花器。一見空洞に見えますが、実は……

シンプルですが、味わい深い色調を見せるティーポットと湯呑み。じっくり向き合い、琴線に触れる作品と出会える窯元さんです。

 


Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Pin on Pinterest0Share on Tumblr0Share on LinkedIn0
2015-08-21 | Posted in 買えるとこNo Comments »