季節の移ろいを味わうお店

大きな土鍋の蓋を開けると、地元ならではのふんだんに使われた住山ごぼうの香りいっぱいの炊き込みご飯が。


里山の彩 はな円
 
 古くからの民家の雰囲気をそのままに、 まるで故郷に帰ってきたような、ぬくもりを感じる佇まい。
 住山ごぼうや白髪岳•松尾山への登山口としても知られている住山地区に、2014年9月にオープンした家庭料理のお店「里山の彩(いろどり) はな円(まる)」。不来坂(このさか)峠を通る372号線から田舎道に入り、のんびりとした田園風景を白髪岳(しらがだけ)方面へ走るとお店が見えてきます。
 店主の森本光子さんは、もともと飲食業とは異なる業種の仕事をされてきましたが、定年を機に一念発起。はな円をオープンされることになりました。店名の「はな円」は、「自然豊かなこの地域に咲くさまざまな花のように、お店にもいろんな人が集い、大きな円になっていきますように」との願いが込められているそうです。
床の間には掛け軸やお花が飾ってあり、落ち着きのある空間となっています。その隣には三味線や着物が飾ってあり、古民家そのままの雰囲気を残しつつ、光子さんの感性が光ります。縁側もあるので、お食事後には庭を見ながらゆっくりくつろぐ事ができるので、普通の飲食店にはない楽しみ方ができるのではないでしょうか。
 お店では、地元の契約農家から仕入れる旬の野菜や、自家栽培の新鮮な野菜をふんだんに使って、どこか懐かしい母の作った手料理のような味を楽しめます。今回見せて頂いたのは、住山ごぼうをふんだんに使った炊き込みご飯や、地元の野菜などをふんだんに使った前菜、天ぷらです。どれも地産地消ならではの贅沢さで盛られ、思う存分に地元のお野菜を満喫することができます。
 完全予約制で、基本コースは3,800円(税込)ですが、予算は相談に応じるそうです。最大20名までの小規模な宴会も可能だそうです。この機会に、新しくオープンした「里山の彩 はな円」へ是非お越し下さいませ。


住所:篠山市住山552 →google mapでみる
電話:079-595-0185/090-5043-4340(予約受付)
営業時間:完全予約制
駐車場:あり

席から見える庭の風景、そしてその先に見える里山の風景。「食べる」だけでは勿体無い、ぜひともゆっくりしたい空間です。

里山の自然をそのまま持ってきたかのような、鮮やかな彩り小鉢。

豪快に盛られた季節の野菜の天ぷら。

玄関先には、その日に取れた地元の野菜たちが。

住山の奥の方にあるこちらのお店。白髪岳・松尾山への登山口入り口近く。

看板は家主の藤原さんのお手製。

 


Share on Facebook2Tweet about this on TwitterShare on Google+0Pin on Pinterest0Share on Tumblr0Share on LinkedIn0
2014-11-29 | Posted in 食べるとこNo Comments »