もう、どうにも、止まらない。

奈良さんの作品が配されたポスターやフライヤーはインパクト大。


特別展「陶芸の魅力×アートのドキドキ」

ピカソ、ミロ、岡本太郎、横尾忠則、奈良美智…一度はどこかで目にしたことがある、そんな世界的に有名なアーティストの作品に、篠山の、しかも今田で出会うことが出来ます。これはまさにワンダフル、コンダフルです。
篠山市今田にある陶芸専門の美術館 兵庫陶芸美術館にて、現在開催中(~11月24日)の特別展「陶芸の魅力×アートのドキドキ」は、普段「使うもの」として触れることが多い焼きものとはまた違った、「アート」としての焼きものの魅力に触れることができる刺激的な展覧会です。

「これが焼きもの?」
「これはどうやって焼いているんだ?」
「土を使ってこんなこともできるのか!」

入り口に入ってすぐ、ハッと目を見張りガッと心掴まれる奈良美智さんの作品、美への情熱が窯で焼かれさらに燃え上がったかのようなピカソの作品、伝統に新しい可能性をもたらした戦後日本の陶芸作品などなど、驚きと魅力に満ちた彼らの作品に出会うことができる、アート好きも陶芸好きも、そうでない人も新鮮な気持ちで楽しめるのではないでしょうか。
でも、それだけではもったいない。せっかく800年の歴史ある焼きものの里に来られるわけですから、展覧会の後はぜひ丹波焼の窯元を訪ねてみてください。そして作品を眺め、手に取ってみてください。
展覧会で感じた心の動きと窯元で感じた動き、その狭間での揺れ動きがグググッと焼きものの、そして丹波焼の魅力に引き込んでくれる…かも?


会場:兵庫陶芸美術館 →google mapでみる
電話:079-597-3961
会期:2013年9月7日(土)~11月24日(日)
開館時間:(10月31日まで)10時-19時 (11月1日から)10時-18時 ※入館はいずれも閉館時間の30分前まで
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日が休館)
駐車場:あり
ホームページ:特別展のページはこちら


こちらの奈良さんの作品のみ撮影可。並んで記念にどうぞ。

近づくと…ちょっと怖い。

洋の東西問わず、土に魅せられた作家の作品がずらっと。

ヨーロッパやアメリカを中心に、世界の陶芸アートシーンを巡ることができます。

図録も充実。税込み1800円
 


関連企画:ワークショップ「きむらとしろうじんじんの野点」

日時:11月24日(日)
会場:兵庫陶芸美術館を含む立杭地区周辺

参加費:有料(詳しくは兵庫陶芸美術館へお問い合わせ下さい)
 
関連企画:当館学芸員によるギャラリー・トーク

日時:9月7日(土)、10月26日(土)、11月16日(土)
 いずれも11時より(観覧券が必要です)
 
同時開催:Flowers-田嶋悦子展 9月21日(土)~ 平成26年2月19日(水)


Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Pin on Pinterest0Share on Tumblr0Share on LinkedIn0
2013-09-12 | Posted in イベント情報, 観るとこNo Comments »